飲む日焼け止めの効果ってどうなの?

飲む日焼け止め。

日焼け止めと名前が同じですが最初に知っておきたいのは塗る日焼け止めとは全然違うものという事からでしょう。

塗る日焼け止めは非常にわかりやすいです。

肌の上にクリームやジェルを塗ることでその紫外線を寄せ付けないことから始まります。

紫外線を跳ね返す、紫外線散乱剤。

その名の通り紫外線を散乱、反射させることで肌内部に寄せ付けないことから始まります。

もっとも始まりるというよりは、肌が焼けないのではじまりすらしないというべきでしょうか。

特徴としては肌に優しい反面、白っぽく肌残ってしまい塗った後に見た目が悪いといったデメリットがあります。

紫外線を吸収、紫外線吸収剤。

肌に塗った紫外線吸収剤が紫外線を吸収して熱に変換。

やはり肌内部に紫外線を寄せ付けません。

化学変化の力で紫外線から肌を守ってくれる反面、吸収剤自体肌に負担が大きくしっかり洗い流さなければ炎症を起こす場合もあるのが難点です。

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは紫外線を肌に寄せ付けない、塗るタイプとは大きく違います。

紫外線そのものは肌に受けます。

肝心なのは受けた後。体が紫外線を受けたのち体内にダメージを受けます。

肌の中には活性酸素が発生し、細胞が劣化していきます。酸化の力。

最終的に老化の原因になるのが紫外線につながるというわけですね。

さてでは飲む日焼け止めは何の役に立つのか。

それは活性酸素の抑制です。

活性酸素を抑えることが出来れば、肌の老化を抑え込むことが出来ますし言い換えるならば飲む日焼け止めというのは老化を抑えるということになりますね。

受けた紫外線のダメージを最小限に抑え込むのが役割なんですね。

単純に活性酸素の抑制だけではもったいないので美容、美肌に働きかける成分が含まれているのが大きな特徴ですね。

メラニン色素

肌に刺激をうけるというのはメラニンを誘発することになります。

メラニン色素が発生するのが肌の黒ずみ。

紫外線を受けた肌のダメージを抑え込むことでメラニンの発生を抑え込むことになります。

飲む日焼け止めを効果をまとめると

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め。

形は違うけども、目指す頃は肌焼け、光老化から守ることです。

塗る日焼け止めはほぼ紫外線を防いでくれるのに対し、飲む日焼け止めはある程度の活性酸素の除去になります。

つまり、飲む日焼け止めだけでは紫外線が強い時期。例に挙げるなら7月8月の10~15時付近などは塗る日焼け止めと併用していくのがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする