メイク後のクレンジングと洗顔を行うことで肌を整える

春も過ぎ初夏をまもなく迎える季節、乾燥肌がやっとあまり気にならなくなった今時分からも「保湿」は心がけたですね。

基礎化粧はとにかくメイク後のクレンジングと洗顔を行うこと+化粧水(保湿)で肌を整えることだけを取り入れています。

洗顔と化粧水で肌を整えるコツ

実際に自分の肌と向き合う時に保湿を心がけるという意味を年齢と共に感じるようになりました。肌が乾いていると乾燥の原因にもなりますが、シミもできやすくなるそうです。

このことをきちんと理解し丁寧にケアをすることが未来につながるんだなと感じています。

化粧水は、以前パッティング=コットンで化粧水をふくませて顔全体に馴染ませていましたが、今行っている方法はパックを使用して保湿を心がけています。

パックなら肌全体に化粧水がいきわたると同時に均一に肌に行き届くのでその点がいいなと感じています。

使用するパックも今は様々ですね、自身に合った用途を選び(高保湿や美白等)色々なものを使い分けています。

とにかくシートパックをすることで、肌全体に水分がいきわたり肌がしっとりする感触があります。パッティングよりもしっとりする肌を得られるので自分的には満足しています。

基礎化粧の取り組み方として大切なこと、それは自分に合う商品を選ぶこと、毎日基本となるケアを行うこと、この2つです。

この2つをきちんと継続することで肌の状態も安定し土台が作られると感じています。

そしてこれからの季節は紫外線が強くなる季節ですね、気を抜くことなくUVケアもしっかりすることをおススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする